着付け・立ち居振る舞い・マナー・コーディネート・接客(もてなし方)教えます。

サイトマップ
現役芸者が教える着付け教室

 浅草 坂東塾 メニュー

着付、マナー、和ごころ・学ぶ「塾」

『和ごころ学ぶ・坂東塾』

《 「坂東塾」─教えます─は入塾制となっております。》


▷▷花柳界で長年培った経験をいかした本物の着方、着せ方、芸事、マナーを身に付けたい方。連絡お待ちしています


※「坂東塾」では、必修科目=・着付から(和ごころ・学ぶ)・茶道(日常マナーも)・日舞基礎=月5回(土日祝)を基本としてお稽古していきます▷▷


◎ 入塾費=2万円   

◎ 年会費=1万円 

◎ 月謝 = 2万円(内2千円積立金)

∴(積立金=雑費、その他等=) 


◎ 面接時  =緊急事態宣言が長引きご迷惑をお掛けしております。随時募集しています(面接は木、金、以前に電話又は、メールで連絡をお待ちしております。13時から)


◎ 入塾期  =2021年 随時募集

(新型コロナウイルス感染症対策を行っています─少しでも具合の悪い方はご遠慮下さい─)

◎「坂東塾」 =約 2年を目安としてお稽古をして行きます

◎ 定員   =5名

◎ お稽古日 =土、日、祝

◎ 着物、帯、他=自分の物をお使いください(詳細はお尋ね下さい)

◎ お稽古時間 =12:30〜4:30迄お稽古をしております

◎ 年齢   =年齢、性別は問いません。

◎ 未経験の方歓迎!

◎ 着物の着付けから(和ごころ学ぶ)、所作、マナー、を身に付けたい方

◎ 筆記試験・実技試験、和・洋食のテーブルマナー講座等々他(各実費)

◎ 「坂東塾」では卒業時にお稽古の成果を披露する発表会があります(おかげさま会)

◎ その他委細相応




≪普通科・専門科・特別科入塾希望の方へ≫

1. 着付けとマナーが一緒に覚えられます(立ち居振る舞い、所作、日常のマナー、等)

2. 分かりやすくご指導致します 

3. 長年和服で培った、器具、補正を使わない、日本伝統の紐だけでおこなう本物の着付けです。

4. 着物、小道具、その他はお預かり致します。

5. 普通科又は、専門科で終了する事も出来ます。

6. 普通科〜専門科〜特別科へと進む事も出来ます。

7. 着付けや、女性の所作、日常のマナーを覚えたい方。

8. いつの間にかお稽古で「”らしさ”」と「”美しさ”」が身に付きます。

9. 日本のマナーは世界に強い!

10. 着物の文化で日本人の所作、マナーが凄い。

11. 「坂東塾」の小物は、芸者さんが使っている物を用意して頂きます。



■1)普通科(自分で着付けたい方)

 自分で着物から帯まで着付けたい方にゼロから分りやすく手ほどきいたします。

※ 普通科 =普通科〜専門科は約2年が目安です。

1) 浴衣=足袋、下着付け方、浴衣着方、たたみ方、細帯の結び、、その他。 

2) 単、袷=半襟の付け方。長襦袢、着物、羽織、コートの着方、たたみ方、その他。 

3) 帯結び=名古屋帯結び。二重太鼓結び、その他。

4) 訪問着=付け下げ、黒紋付、色紋付、衿ヒヨク、小物その他。

5) コーデネート(着物、メイク、ヘアー等)

6) 立ち居振る舞い。歩き方。袖、裾の扱い方、その他。

7) 元芸者が教える「おもてなし」教養学(自分みがき、花嫁修業のためにも!)

8) 日本人の大切な日常マナー等々。(自国の大切な文化が世界で見直されています)



■2)専門科(着付けて上げて、ヘルプの仕方)

 自分で着られて人にも着付けてあげられるように、ひとつ上の着付け方を覚えられます。

※ 専門科(着せ方、着付け方) =部分着付けのヘルプの仕方。下着〜長襦袢〜着物、ひよくの付け方〜名古屋帯〜二重帯結び〜新帯結び、その他=


■3)◎特別科(特殊な着付け方です─入会金、年会費は同上、月謝=3万円、積立金2千円─)
 
 ※特別科(芸者の引き着、半玉─関東の舞子─、各種帯結び、日本髪のお化粧、踊りの引き着等々)
=肌着&襦袢の襟の抜き方、引き着の着付け方、引き着の各種帯結び等々。男物─浴衣、着流し、紋付、袴その他=



 ★「着せます」─お手持ちのお着物をお着せ致します。(ご相談下さい)

:女性用─浴衣、訪問着、留袖。引き着(踊り用、特殊帯結び等)をお着せ致します。

:男性用─浴衣、着流し、紋付、袴等々をお着せします。